SAHHO

  Science  &  Arts  of   Homeopathic  Healimg  Organization

東洋医学からホメオパシーへ

 

                              SAHHO主宰  はね せつこ

           長い旅をしたあとで、やっとホメオパシーの世界に出会いました  

ホメオパシー個人セッション
東洋医学からホメオパシーへ

薬剤師漢方療法家植物療法家気功瞑想師
そして、ホメオパス

病院に勤務し西洋医学に携わりながらも東洋医学を学び、気功を修練していました。

内気功の熟練は奥が深く、の世界が見せてくれるエネルギーワールドを自分の内的宇宙に積み重ねていく経験は大きな魅力でした。

自分の世界が内側から無限に広がっていく体験は東洋医学の度量の大きさを教えてくれるものでした。気功の修練はまだまだ続いていました。

そういうときに相次いで父と姉がガンになりました。

当時の私は気功癒しの技として使えるほどの力量もなく、漢方以外には何もできませんでした。

二人は大学病院で手術を受けた後、その甲斐もなく苦しみながら旅立っていきました。

看病に携わっていた私も更年期で体調が悪い日が続きました。

動悸や不整脈、息苦しさ、虚脱感などの心臓を中心とした循環器系の症状でした。

それ以外にも不眠や欝症状が続き、全身に発疹が出たり脱力感で何日も寝込んだりしました。

フルタイムの仕事にも差し障りが出て生活そのものが成り立たない状況が続きました。

当然身近な漢方中医学外気功治療のお世話になりましたが、はかばかしくありませんでした。

西洋医学を学んでいたにもかかわらず、薬で症状を抑えるのにも抵抗があって、代替医療精神世界の本を読み漁る日々を過ごしていました。

そんな時に出会ったのがホメオパシーでした。

鍼や気功、整体や手当てなどの代替医療の最後の切り札でした。

ホメオパシーは人間を、ボディ、マインド、スピリットの全体から捉えます。

そして人間を心身だけではなく霊的な存在と捉えます。

そんな見方に私は強く惹かれました。

それは父や姉の苦痛にゆがんだ終末の姿に決定的に欠けていたものでした。

彼らの苦しみは死への恐怖だけではなく、霊的な苦しみだったと気づいていた私は、背中を亡き父と姉に押されながら、見えない導師に導かれるように、ホメオパシーの学校に入りホメオパシーを学びはじめました。

その間、今度は母が以前患った大腸ガンの再発という事態に見舞われました。

医者通いの大好きな母でしたが、自分の夫と長女の最期を看取り、現代医学の終末医療のあり方に違和感を感じ取っていたらしく、大きな病院での過度な治療を断り、地域の病院で終末を迎えることになりました。

痛みをモルヒネでコントロールしつつ腸閉塞を懸念されながらの終末医療でした。

父や姉のようであってはいけない、母には安らかな死を迎えて欲しい、成仏して欲しい、その一心で私はレメディ(ホメオパシー薬)を使いました。

レメディは医者と僧侶のどちらの役割も果たすもので、宇宙のことわり通りに物事を運んでくれる乗り物です。

そしてなんの躊躇もなくそれができ、今生での生き死にに限定されることもありません。

時空を超えて奇跡的な癒しをもたらしてくれる、それがホメオパシーのレメディです。

私は母の魂をレメディという乗り物に祈るような気持ちで託しました。

母に使ったのは、3000種類もあるレメディのうち、ガン、終末、老人、などのピクチャー(症状像)を満たしてくれるたった2種類のレメディでした。

母の死はとても穏やかでした。あれほど薬害で腕がはれ上がり自力では動かせなかった母でしたが、おのずと胸の上で手を組んで亡くなりました。

それは天に召される人の神々しいまでの祈りの形でした。

大切な人を相次いで3人もガンで失ったのですが、母にはホメオパシーが間に合ったようです。

私自身のひどい症状もホメオパシーの哲学を学びながらレメディを使ううちに少しずつ消えていきました。

そして今、私はホメオパスになりました。

縁があって私に出会って下さる方々の大切な人生に、ホメオパシーの旅をお届けする、その郵便配達人のような仕事に意気を感じながら、広大なホメオパシーの庭に、芥子粒のように小さな種をまき始めました。
   


 

光の扉を押して行き還る
         哀しいもののかくれんぼ
もういいかい、まあだだよ
         もういいかい、もういいよ

もういいかい、といわなくても、
         もういいんだよ



       

その光の扉をおして  お入り下さい
   こころの言葉で語り始める  あなたは もう 光の子
       ホメオパシーの庭に ようこそ!

  

個人セションの流れについて


個人セッションのお申し込みはこちらからです

 

ホメオパシーって何でしょうか・・・

 

同種療法と訳されています。今から200年前にドイツのハーネマンという医師によって体系立てられた自然療法です。健康な人にある症状を起こすようなものは、おなじ症状の病人を治してくれるというものです。

ハーネマンはキニーネというマラリアの特効薬を健康な自分に使ってみたのですが、マラリアそっくりの悪寒、発熱、振るえにおそわれたところから、この発見に至ったのです。

以来このような実験(プルービング)を重ねてたくさんのレメディ(ホメオパシー薬)が作られることになりました。レメディは物質が薬効成分の分子が全く見られないほどに激しく振とうしながらうすめて作ります。

そうしたホメオパシーレメディがなぜ効果があるのかについては、今の科学では証明できていません。水の転写能力のせいだという説もあります。まずは物質のエネルギーが抽出されたものがホメオパシーレメディだと考えてください。

ホメオパシーはハーネマンの時代以前にもはるか2000年前のギリシャ時代から使われていた体に優しい自然療法でした。「医療には2通りの方法がある、1つは違うもので症状を抑える方法、もう1つは同じもので癒す方法である」と。ハーネマンの天才的なひらめきによって古代からの癒しの術に体系立てた法則が加味されていきました。

ホメオパシーの効果はすばらしく、コレラや赤痢などの伝染性感染症の治療にも目覚しい効果を挙げました。ヨーロッパはもとよりアメリカにも伝わり、瀉血などの野蛮な手技がおもだった当時の医学の主流になったほどでした。全米の医科大学にはハーネマンの銅像が今も残っているところがあります。それほどハーネマンの実践は尊敬の念を起させたということです。

しかし、当時の医学会から弾圧されるというおまけまでついていました。当時の主流な医学を実践する医者や薬剤師にとって、身近なものから作られるホメオパシーレメディで事足りる自然療法ホメオパシーは、薬としてあまりにも安価なために、強力なライバルでした。

一時こうした縄張り争いのような反対もあってホメオパシーは下火になっていたのですが、科学技術の進歩であまりに機械化高度化された人間不在の医療のあり方に警鐘を鳴らすかのように、この30年間の間に、再びホメオパシーが台頭してきました。
人間のための人間による人間に優しい医療の見直しが始まったのです。

沢山の代替医療が今見直されてきていますが、中でもホメオパシーはそれ自体で完結してしまいそうなほど、他の方法を必要としない、人間を全体で捉えてくれる医療でした。

現在ではドイツ、フランスでホメオパシーレメディは医薬品扱いであり、医師の40%がレメディを処方します。イギリスでは国民の10%が常時レメディを使います。
アメリカではこの30年の間にホメオパシーレメディの使用量が10倍に増えました。

インドには26万人のホメオパスがいます。正規の医学部を出てもホメオパスになるにはホメオパシー大学でまた6年間学ばないとホメオパスはなれません。

ブラジルの薬学部ではホメオパシーは必須科目になっています。

ヨーロッパはもとより、世界中でホメオパシーは使われています。町の薬局では家庭用のレメディキットが簡単に手にはいり、国民の医療に無くてはならないものになっています。

日本と中国はそういう意味ではホメオパシー後進国です。代々中国医学や漢方があったからかもしれません。しかし韓国でも2004年前にレメディは医薬品になりました。それほどまでにホメオパシーは全世界にいきわたり安全な医療として使われています。

日常の家庭で起きるちょっとした怪我や緊急症状には家庭用キットで十分に対応できますが、慢性的で複雑な症状や現代医学では治りにくい症状などは専門のホメオパスにかかって十分なセッションを受けなければなりません。





ホメオパシーで何が出来るのでしょうか・・・

ホメオパシーは自然治癒力に働きかけて、自分の力で自然に癒されるのをサポートするものです。

そのため、疾患や病名に対処するという考え方はありません。

しかし、健康になりたいと思ってさまざまなヒーリングや療法に出向く方たちは、自分の「症状や病名」を携えていくものです。

そういった観点で見れば、緊急外科的処置が求められる場合を除き、たくさんの状況にホメオパシーは対応できます。

加えて自然治癒力を高めてくれるものですから、外科手術や歯科治療の回復をサポートする場面もあり、現代医療と併用することができます。

もちろん、組織が失われていたりダメージが大きすぎる時など、病気や状態が進行性で可逆性を欠く場合には、効果はあまり期待出来ません。

ホメオパシー含めたすべての療法は、それだけですべてが終わるというミラクルなことはありませんが、急性症状から慢性的な症状まで、幅広い癒しが可能なホメオパシーの癒しのフィールドを上げてみます。

○哀しみやうつ状態、不安感やいらいら、ショックを受けた時、恐怖感、拒食や過食、頭痛、トラウマ、性的な不調等、感情的な症状を改善できます。

○生理不順や月経前の不調、膀胱炎、更年期症状など、女性が抱える問題を改善できます。

○夜尿症、夜泣き、かんしゃくもち、恥ずかしがりや、水疱瘡、アレルギーなど、成長期の子供の問題を改善できます。

○下痢、吐き気、腹痛、過敏性大腸炎などの消化器症状を改善できます。

○捻挫、リューマチ、関節炎などの症状を改善できます。

○抗がん剤でおきる副反応を和らげてくれます。

 

ここにあげた症状以外にも、幅広く適用されます。
急性症状や感染症はもちろんですが、いわゆる難病や慢性疾患など現代医学ではなかなか完治にまでは至らないような症状にも適用されます。

ホメオパシーほとんど全ての症状を包含してくれます。病的な箇所にとらわれることなく人間の全体像を視野にいれながらのアプローチをとります。
人間をまるごと捉えてくれるので、真の意味でのホリステック医学と理解していただけることでしょう。
なぜならば、病気とは、人間が生きていく上で、現実に適応できなくなったその結果として症状が現れるもの、とホメオパシーは考えるからなのです。

ホメオパシーの旅をしながら人は本来の自分を取り戻していきます。自分がかけがえのない大切な存在で沢山のすばらしいことをこの世に残していけるような生き方を示唆してくれることもあります。

ホメオパシーには最少投与の法則に従ってきちんとした使い方をする限りでは、いわゆる副作用はありません。幸福になるという副作用以外には・・・!




セッションの詳しい流れについてはこちらからです